LDLコレステロールを下げるために歩こう

LDLコレステロールを下げる方法は、サプリメントや食事、規則正しい生活習慣など様々ありますが、運動もLDLコレステロールを下げるためには必要不可欠です。
というのも、LDLコレステロールが増える原因の一つに運動不足があるからです。

運動することによって、体内の脂質を燃焼し、LDLを下げる効果があるので、日頃から適度な運動を心がけましょう。

運動と言っても、ハードな運動をする必要はありません。
大切なのは、毎日続けることです。
運動の中で特におすすめなのが、歩くことです。

ウォーキングは、有酸素運動の一つであり、LDLコレステロールを下げるのに効果的です。

有酸素運動は、体内の脂質の代謝を良くし、中性脂肪を下げる効果があり、中性脂肪を下げることはLDLコレステロールを下げることにつながるのです。

ウォーキングによって中性脂肪が減少すると善玉コレステロールである、HDLコレステロールを増やす効果もあります。

日頃運動をしている人なら、ジョギングなども効果がありますが、そうでない方は、まずは軽いウォーキングから始めましょう。

軽いウォーキングでも十分LDLコレステロールを下げる効果が期待でき、徐々に歩く時間を多くするのがおすすめです。
1日の歩数が多ければ多いほどLDLコレステロールを減らし、HDLコレステロールを増やすので、徐々に歩く時間を増やしたり、歩く速度を速めましょう。

ただし、一定時間以上の運動が必要であり、運動をやめてしまうと元に戻ってしまいますので、継続して行うことが大切です。


適度な運動は、LDLコレステロールや中性脂肪を減らすだけでなく、ダイエットやストレス解消にも効果があります。

また、心筋梗塞や生活習慣病の予防にも効果がありますので、日頃から適度な運動を心がけましょう。
運動で健康な体作りを心掛けることで、LDLコレステロールの数値を効果的に下げることができます。
ウォーキングなら運動が苦手な方でも手軽にできるので、毎日の運動の習慣をつけるにはオススメです。

このページのトップに戻る