LDLコレステロールを下げる有酸素運動

LDLコレステロールを下げるには、有酸素運動が効果的であると他のページでもご紹介しましたが、ここではさらに詳しく有酸素運動をご紹介したいと思います。


有酸素運動といわれても、いまいちピンとこない人も多いと思います。

有酸素運動とは、酸素を消費方法で、筋収縮のエネルギーを発生させる運動で、十分に長い時間をかけて呼吸などの循環器官を刺激する運動のことを言います。

有酸素運動は、LDLコレステロールの増加原因になる血液中の脂肪を燃焼する効果があります。
さらに、脂肪を燃焼するのでダイエットにも非常に効果的な運動方法です。


有酸素運動には、ウォーキングやジョギング、ランニング、スイミング、アクアビクス、ノルディックウォーキング、サイクリング、クロスカントリースキー、エアロビクス、各種スクワットなどです。

ここで注意したいのが、上記にランニングを挙げましたが、短距離のような短い距離を短時間で走ることは有酸素運動ではなく、無酸素運動です。
大切なのは、十分に長い時間をかけて行う運動であるということです。


運動時間の目安としては、20分以上の運動が好ましいといえます。
脂肪が燃焼し始めるのが、運動開始から20分くらいからなので、運動に慣れていない人は、15分くらいから始め、30分を目安に行うといいと思います。

運動に慣れてきたら、運動時間を長くしつつ、運動内容も少しづつハードなものにしていくと無理なく続けられるのではないでしょうか?

中でもウォーキングやスクワットは、通勤や買い物をできるだけ徒歩でしたり、家事の合間やテレビを見ながら自宅でスクワットするなど、日常生活に簡単に取り入れることができるのでおすすめです。


効果的な有酸素運動で、LDLコレステロールを下げ、体の内部だけでなく、体の外側も綺麗に健康になりましょう。
LDLコレステロールを下げるのに有効な有酸素運動について、説明しています。
有酸素運動とはいったいどんな運動を意味するのか、そしてどのような運動が効果的なのかを具体的にご紹介しています。
LDLコレステロールを下げるために運動をはじめたいあなたに役立つ情報満載です。

このページのトップに戻る