LDLコレステロールを下げる野菜

LDLコレステロールを下げるには、野菜中心の食生活を心掛ける必要があります。

野菜には、LDLコレステロールを下げる栄養素を含む物がたくさんあり、それらを積極的に摂ることで、LDLコレステロールを下げることができます。

LDLコレステロールが多いと指摘された方は、食品から摂取するコレステロールが多い場合がありますので、飽和脂肪酸や糖質を多く含む、バターや肉類、インスタント食品、お菓子類を控えめにし、野菜を多く摂るようにしましょう。

では、具体的にどの野菜が効果があるかご紹介します。


・大豆・大豆製品・・・大豆の植物性タンパク質は、LDLコレステロールを下げ、善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールを増やす働きがある
大豆に含まれる食物繊維は、血液中や肝臓のコレステロールを下げる

・しいたけ・きのこ類・・・しいたけに含まれるエリダニンという成分が血液中のコレステロールを下げる
まいたけ特有成分であるX−フラクションは血液中のコレステロールや中性脂肪を減少させ、血圧を下げる

・たまねぎ・ニラ・にんにく・長ネギ・・・血液をきれいにしたり血糖値を下げる働きがある
過酸化脂質を下げる働きがある成分も含んでいる

・ごま・・・抗酸化物質があり、血液中のコレステロールを減らしたり、LDLコレステロールの酸化を防ぐ効果がある

・緑黄色野菜・・・ビタミンE・ビタミンC・カロテンには、LDLコレステロールの酸化を防ぐ


上記に挙げた野菜の他にも、食物繊維を多く含む野菜には、LDLコレステロールを下げる効果がありますので、いろんな野菜をバランスよく摂取することが大切です。

脂質を多く含む食べ物を控えめにして、野菜中心の食生活にすると、LDLコレステロールを下げるだけでなく、健康維持に効果がありますので、実践してみて下さい。
LDLコレステロールの数値を下げて健康な生活を送るためには、野菜中心の食生活を心掛ける必要があります。
野菜を積極的に摂ることで、LDLコレステロールを下げることができます。
こちらでは大豆、きのこ、たまねぎ、ごまなど、それぞれの野菜にどんな効果があるのかをご紹介。

このページのトップに戻る