LDLコレステロールを下げる栄養素とは?

LDLコレステロールを下げるためには、食生活を整える必要があります。

LDLコレステロールの増加原因の一つに、乱れた食生活による偏った栄養素があります。
バランスのとれた食事は、健康維持には不可欠です。

一言でバランスのとれた食事と言ってもどういうものを食べたら良いのかわかりませんよね。

そこで、LDLコレステロールを下げる栄養素を多く含む食べ物を詳しくご紹介しますので、参考にしてしていただければ幸いです。


まず、LDLコレステロールを下げるためには、野菜中心の食事を心がけましょう。
野菜に含まれる食物繊維がLDLコレステロールを下げる働きがあるので、積極的に摂りましょう。

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、水溶性食物繊維がLDLコレステロールを下げる効果があるので、水溶性食物繊維を多く含む山芋やオクラ、昆布、りんご、こんにゃく、てんぐさがおすすめです。

そして、青魚に含まれるサラサラ成分「EPA」と「DHA」もLDLコレステロールを下げる高があるので、イワシやアジなどの青魚を積極的に摂りましょう。

その他のLDLコレステロールを下げる栄養素とそれを含む食品をいくつかご紹介しましょう。

・ポリフェノール・・・抗酸化作用が強く、活性酸素によるLDLコレステロールの酸化を防ぎ、血液をサラサラにする

食品:赤ワイン、緑茶、紅茶、大豆、ウーロン茶など

・タウリン・・・肝臓で胆汁酸の分泌を促進し、LDLコレステロールの分解を促す

食品:さざえ、とこぶし、たこ、いか、かになど

・レシチン・・・コレステロールの量をコントロールし、LDLコレステロールを減らし、HDLコレステロールを増やす働きがある

食品:大豆製品、卵黄など

・ビタミンC・E・B群・・・LDLコレステロールの酸化を防ぎ、造血に効果がある

食品:菜の花、かぼちゃ、ナッツ類、まぐろ、レバー、あさりなど

その他にも、LDLコレステロールを減らし、HDLコレステロールを増やす働きがある「紅麹」もおすすめです。

「紅麹」は、醤油や酒を作る時のこうじの1種です。


LDLコレステロールの数値が高い人は、薬やサプリメントに頼りたくなると思いますが、最も大切なのは、食生活を見直すことです。
LDLコレステロールを下げる栄養素とその食品について知り、それらを積極的に摂りながら、サプリメントなどを併用すると、より高い効果が期待できます。

LDLコレステロールでお悩みの方は、まず食生活を見直すことから始めましょう。
LDLコレステロールが増加する原因のひとつに、乱れた食生活による偏った栄養素があります。
バランスのとれた食事で健康維持してみませんか。
こちらでは、バランスのとれた食事では何を食べたらよいのか、その食事にはどのような栄養素や効果があるのかを説明しています。

このページのトップに戻る