LDLコレステロールを下げる食生活とは?

LDLコレステロールを下げるには、食生活に気をつけることが大切です。

ここでは、LDLコレステロールを下げる食生活についてご紹介します。


LDLコレステロールを下げるために、最も大切なのは、カロリーを取り過ぎないことです。

カロリーを取り過ぎると、コレステロールの合成を促進し、LDLコレステロールが増えすぎてしまいます。

食事の回数を減らしても、1回の食事量が多いと、コレステロールの合成を促進してしまうので、1回の食事の量に気をつけましょう。

食事の回数を減らすという頃に触れましたが、朝食を抜いてしまうと、昼食でとったエネルギーやコレステロールを余分に吸収してしまうので、朝食は毎朝必ず食べましょう。


そして、夜遅くまで起きていると夜間にお腹が空いて、何らかの夜食をとる人がいると思いますが、LDLコレステロールに夜食が厳禁です。

夜食を食べると、寝ている時間にエネルギーやコレステロールが増えてしまいますので、夜食は控えましょう。


バランスのとれた食事も大切です。
バランスよくできるだけたくさんの食品を食べると、自然とLDLコレステロールも下がってきます。


早食いやドカ食いもLDLコレステロールを増やしてしまう原因になりますので、食べすぎに注意しましょう。


LDLコレステロールを下げたいと思っている人は、上記のことに注意しながら、さらにLDLコレステロールを下げる効果がある野菜や青魚を積極的に取り入れましょう。

サプリメントや薬に頼らず、まずは身近なことからLDLコレステロール対策をはじめませんか?
LDLコレステロールを下げるために最も重要なのは食生活です。
カロリーを摂り過ぎない、食事のタイミングや内容に気をつけることは、LDLコレステロールの数値を下げるためにとても大切な事です。
こちらでは、どのような食生活を送ればよいかご紹介しています。

このページのトップに戻る